森下ベリタスの歯科治療・情熱ブログ 歯科治療のことや症例についてわかりやすく、情熱をもって書き綴る

食生活とムシ歯

皆さまこんにちは

だいぶ涼しくなりましたが、まだ気温の高い日もありますね。そういう日はスポーツ飲料や炭酸の入った甘い飲み物を飲みがちになります。

甘い飲み物は摂取量また摂取する機会が多ければ歯が溶かされムシ歯になりやすいです。

皆さまはどのような飲み物がお好みでしょうか?

夏のCMでよく放映されている
ポカリスウェット、カルピス、コカコーラ、野菜生活…

美味しいものほどワナがあります。

食べ物も一緒です。

アイスクリーム、フレンチトースト、チョコレート、ケーキ、キャラメル、アメ

含まれている砂糖の量が多く、口腔内に停滞している時間が長ければ、歯にくっつきやすい物ほどムシ歯になりやすいです。

今皆さまの周りにある美味しい食べ物、飲み物はムシ歯になるリスクが高いということになります。

お食事後しっかり歯磨きをすることが大切です。
それと合わせて改めて御自身の食生活を見直してみてはどうでしょうか

入れ歯のお手入れ

自分の歯を毎日磨くように
入れ歯もお口の中にいれるものなので
毎日お手入れをすることが大切です。

入れ歯のお手入れを怠ってしまうと、
真菌(カビ)のカンジタ菌が増殖し、
加齢やストレスなど、抵抗力が落ちているときに
口腔カンジタ症から全身へ影響することがあります。

入れ歯のお手入れには大きく分けてふたつあります。
①義歯用ブラシによる機械的清掃
②義歯洗浄剤による化学的清掃

入れ歯の洗浄剤による様々な薬効成分は
殺菌効果や、消臭作用はありますが、
汚れを取る清掃作用自体は弱いので、
義歯用ブラシでしっかり汚れを取ってあげることは
基本になり、とても大切になります。

そして義歯用ブラシで落としきれなかった歯垢や
カンジタ菌などの微生物の殺菌を行うのが入れ歯の洗浄剤です。

しっかり入れ歯のケアをして、
長く清潔で、健康的に使い続けたいですね。

定期検診

こんにちは。

みなさん
歯の定期検診行っていますか??

職場や学校などで定期的な内科検診は受けているけれど、歯科検診はあまり行ったことがないという人が多いのではないでしょうか。口内環境を定期的にチェックしていると、虫歯が悪化し大切な歯を削るようなこともありませんし、痛い思いをする必要もありません。

特に妊婦の方や虫歯になりやすい子供は、歯科検診に行きましょう。

定期検診の間隔は、3ヶ月〜半年に1回が理想です。

定期的に検診を受けることで、虫歯になるリスクを低くすることができるのです。きちんと自宅でセルフケアをすると同時に、定期的な歯科検診とクリーニングをすることでいつまでも美しい歯を保ちましょう。