インプラント

ブリッジや入れ歯に代わる画期的な治療法

「インプラント」とは、失った歯の部分の骨内にチタン合金製の土台を埋め込み、その上に人工歯を取り付ける治療法です。
インプラント治療で作られた歯は「第二の永久歯」とも呼ばれ、見た目も噛み心地も自然です。

・失った歯の両隣の健康な歯を削ってブリッジを入れることに抵抗を感じる
・できれば入れ歯は入れたくない

このように感じていらっしゃる方は、ブリッジや入れ歯に代わる治療法としてインプラント治療をおすすめします。
インプラントの最大の特徴は、隣りの健康な歯を削る必要がなく、負担をかけなくて済むことにあります。
そして入れ歯とは違い自然に咬むことができ、口元を気にせず笑うことができます。

インプラント説明写真1

インプラント治療の流れ

まず始めに 診断とインプラント治療の計画(プラン)を立てる

まず始めに 診断とインプラント治療の計画(プラン)を立てる

口腔内写真・レントゲン・歯科用CT・口腔内全体を細かく診察するなどし、診断をするための情報を集めます。
その後、患者様のニーズに合わせて治療計画(プラン)を立て、手術方法、治療期間、費用、リスクなどインプラント治療についての説明を行います。

口腔内写真レントゲン歯科用CT・口腔内全体

Step 1 コンピューターによる解析診断

当院ではラジオグラフィックガイド作製し、歯科用CTで撮影した患者様の顎骨データを、専用の最新ソフトで解析し、インプラントの最適な位置・方向・本数などを正確にシュミレーションしております。

ラジオグラフィックガイド作製専用の最新ソフトで解析シュミレーション

「ラジオグラフィックガイド」は現在の口の型を元に、歯がない位置へ仮想の歯を理想的に配置したプラスティック製のマウスピースです。インプラント治療を行うためには、最初にコンピューター上での治療計画のもととなる「ラジオグラフィックガイド」を作製します。このグラフフィックガイドを口に入れて、CT撮影をします。

ラジオグラフィックガイド作製グラフフィックガイドを口に入れてCT撮影

Step 2 お口のクリーニング

インプラントは歯周病菌にとても弱いので、手術を行う前に口腔内をきれいにクリーニングします。
まず、初期治療では口腔内の歯石を除去。また口腔内の衛生的な環境を保てるように、ご自身でブラッシングをしっかりできるようアドバイスいたします。

お口のクリーニングお口のクリーニング

Step 3 1回目の手術

局所麻酔をして手術をします。
小さなネジ状のチタン製インプラントを顎骨の中に埋め込みます。
インプラント手術は、れっきとした外科手術。なので手術中の感染を避けるために徹底的な滅菌かつ、消毒の行き届いた専用手術室で行います。

1回目の手術1回目の手術

Step 4インプラントと骨が結合する(オステオインテグレーション)までの期間を待ちます

骨の固さなどにより異なりますが最短で2カ月〜6か月待ちます。
骨とインプラントが結合するまで間は担当衛生士による口腔内のメンテナンスを行っていきます。

担当衛生士による口腔内のメンテナンス

Step 52回目の手術

インプラントと骨の結合が確認できたら、歯肉で覆っていたインプラント体を貫通させます。

2回目の手術

Step 6被せ物の型取りをしていきます

インプラントの被せ物の型取りを行なっていきます。

被せ物の型取り

Step 7インプラント(冠)をかぶせる

噛み合わせの最終確認を行い、冠をかぶせます。
インプラントには、天然歯にある歯根膜という緩衝材がありません。なので独特の噛み合わせ調整が必要で、そのことをきちんと理解した歯科医がクラウンを装着します。

インプラント(冠)をかぶせます

その後 定期的なメンテナンス

その後 定期的なメンテナンス

インプラントを長持ちさせるためには、継続的なメンテナンスが不可欠です。
インプラントを装着した後も、定期的(だいたい1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月後)に様子をチェックします。
定期検査ではインプラントの使い心地や経過の様子などを患者様から伺いながら、噛み合わせとブラッシングのチェックを行います。
また、当院においても、その患者さんにあったケアプランを立案し、プロフェッショナルケアも行います。

噛み合わせとブラッシングのチェック噛み合わせとブラッシングのチェック