森下ベリタスの歯科治療・情熱ブログ 歯科治療のことや症例についてわかりやすく、情熱をもって書き綴る

ガム噛み

こんにちは!
今日はガムを噛むことで、どんな良いことがあるのかお話ししたいと思います。

まず、ガムを噛むとストレス反応に関与する脳の器官の活動を抑え、前頭前野を落ち着かせて、体内のストレス物質を減らす効果があります。また、歯は歯根膜というクッションのような器官にめりこんでおり、噛むとその圧力で、歯根膜にある血管が圧縮され、ポンプのように血液を脳に送り込むのです。その結果、反射神経・記憶力・判断力・集中力が高まったり、認知症予防にも効果があるそうです。

ガムに限らず「よく噛む」行為自体に、このような良い効果がありますので、普段のお食事から是非意識してみてください。

歯ブラシの選び方

だんだんと寒い季節になってきましたね。
今回は歯ブラシの選び方についてお話します。
みなさんはどのような歯ブラシを使用していますか?
家族が買ってきたもの、安かったもの、目に留まったもの、、様々あると思います。
では、その歯ブラシが今のお口の中に最適なものかどうかを考えてみてください。
なかなかプラークが落ちない、歯茎が痛いなどお悩みがある方もいらっしゃるかと思います。
当院では様々な歯ブラシを取り扱っていますので、何かお悩みがある際はお気軽にスタッフまでご相談ください。
自分に合った歯ブラシを見つけましょう!

糖尿病と歯周病

糖尿病は、血液中の血糖が慢性的に多い状態となり血糖値が高くなる病気です。血糖値をさげるホルモンのインスリンの不足によっておこります。

インスリンが欠乏状態にあって、インスリンの注射が必要なインスリン依存型と食事や運動、血糖降下薬の服用によってコントロールできる非インスリン依存型があります。
糖尿病の合併症には心筋梗塞や脳梗塞、網膜症、腎症などのなかに、歯周病があります。

糖尿病に罹患した患者様は、罹患していない患者様に比べて、歯周病の発症が2.6倍、歯を支えている骨の吸収度は3.4倍といあデータもあります。

糖尿病が改善してくると歯周病も改善するといわれています。

糖尿病でもそうでなくても、お口の中には細菌がたくさんいます。
定期的にクリーニングやメンテナンスを行って、体もお口の中も健康に保ちましょう。