森下ベリタスの歯科治療・情熱ブログ 歯科治療のことや症例についてわかりやすく、情熱をもって書き綴る

歯磨きが1日5回の時代!?

近年高齢化社会と共に健康志向の高まりによって
「歯磨き」がひそかに注目を浴びているそうです!
しかも、1日3回ではなく、
「1日5回の歯磨き」の時代が到来するとも言われているそうです!

タイミングは
朝食後、昼食後、間食後、夕食後、就寝前だそうで、
食事と歯磨きがセットとして推奨され始めています。

お口のトラブルを生むプラークは、
食事の中の糖を栄養にむし歯を引き起こします。
1日5回はなかなか生活の中に取り入れるのは難しくても
1日3回、朝昼夜の食事を楽しんだ後はしっかり歯ブラシをして、
お口の健康から守っていけるといいですね!

歯と口の健康週間

2019年も半ばになりましたね。
6月4日〜10日は歯と口の健康週間です。今年の標語は「いつまでも 続くけんこう 歯の力」です。標語の通り、全身の健康はお口の健康と密に関係しています。特に、毎日のお食事は楽しみの一つですよね。いつまでも自分の歯で美味しいお食事が出来るよう、ぜひこの機会に自分のお口の健康について見つめ直してみてはいかがですか。
定期的な虫歯のチェックとクリーニングで、お口の健康を保ちましょう。
お待ちしております。

食後の歯磨き

だんだん夏に近づいてきました。
体調の変化にお気をつけください!

今回は食後の歯磨きのタイミングについてお話していきます。
皆さまはどのタイミングで歯磨きをしていますか?
テレビや雑誌などで「歯磨きは食後30分経ってから」などと聞いたことがあると思います。
虫歯にならないためには食後すぐ磨くことをよく言われるのに何故だろう?と思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、それは酸蝕症を避けるために30分間置くという意味のことで、
酸蝕症を避けるためには酸性食品を食べた後にうがいや水を飲むなどしてお口の酸性度を下げることが大切になります。
虫歯予防には、食べたら磨く・フッ素入りの歯磨き粉で磨くことがオススメとされています。

虫歯になりにくくするためにも、是非参考にしてみてください!