森下ベリタスの歯科治療・情熱ブログ 歯科治療のことや症例についてわかりやすく、情熱をもって書き綴る

キシリトール

 

今日はキシリトールについて

お話しします。

キシリトールはむし歯予防に効果的と

言われてますが、

どんな効果があるかご存知ですか?

理由は大きく2つに分けることができます。

☆その1

「むし歯の原因にならない」

キシリトールは口の中で「酸」を

作りません。

さらに酸の中和を促進する働きも持っています。

唾液も出やすくなるなど、

口中をむし歯になりにくい状態に保ってくれます。

その2

「むし歯の発生、進行を防ぐ」

むし歯の原因となるプラークを付きにくくし、

歯の再石灰化を促します。

更にキシリトールは、むし歯の大きな原因と

される原因菌(ミュータンス菌)の活動を

弱める働きを持っています。

 

キシリトールはイチゴやラズベリーなどの

ベリー類、

プラム、カリフラワー、ほうれん草

レタスなど身近な食べ物にも

含まれています。

ですが、食べ物だけで摂ろうとしても

十分ではありませんので、

むし歯予防の為にはガムやタブレットから

摂ると良いでしょう。

 

当院にもキシリトールのガムや

タブレットを置いておりますので、

お気軽にスタッフにお声かけ下さい。

勉強会

先日、国際フォーラムで開催されたセミナーに参加してきました。

 

全国から集まった歯科助手さんの向けのセミナーで、普段の診療でどのような仕事に関わっているか、

 

接遇やマナー、コミュニケーションなどセミナーを通して学んできました。

 

日々の仕事の見直しやプラスアルファ自分に出来るとこを考え、今後の仕事に生かしていきたいと

 

思うセミナーでした。

 

現在、歯科医院は全国に70.000万件弱あります。

 

コンビニより歯医者さんが多いというのは知っている方も多いと思いますが、

 

その中から森下ベリタス歯科を選んでいただき治療やメンテナンスで通院して下さっている

 

患者様との出会いにも感謝しながら日々の仕事の向上を図りたいと思います。

 

 

フッ素の働き

 

みなさんこんにちは。

 

今日はフッ素についてお話し

したいと思います。

 

フッ素という言葉はよく耳にすることも

多いと思いますが、

どんな働きをするかご存知ですか?

フッ素はむし歯予防に関する様々な

働きをしてくれます。

むし歯の原因菌の働きを弱め、

歯から溶け出したカルシウムやリンの

再石灰化を促進し、

歯の表面を強化してむし歯になりにくくする

働きがあります。

 

フッ素配合ハミガキ剤を長期間継続的に

使用することで予防率はアップします。